認識 H.J
新聞直播
留學日本
工作假期
工作情報
東瀛文化
住宿知多少
聯絡我們
 > NEWS 主頁
20150601-OYTNI50093-N

 東北6県の代表的な夏祭りがそろう「東北六魂祭ろっこんさい」が5月30、31日に秋田市で開かれ、「青森ねぶた祭」も参加、跳人はねとや引き手ら約210人が大型ねぶたを引き回し、勇壮にパレードした。

 今回のねぶたは8月の本番と同じ大きさで、台車を含めて幅約9メートル、奥行き約7メートル、高さ約5メートル。「ラッセラー」と威勢のいいかけ声が飛び交い、盛り上げ役の跳人の躍動感あふれる踊りと引き手の勇ましい姿に沿道の観客は魅了された。

新聞轉載至:

http://www.yomiuri.co.jp/

觀看更多


20150531-OYTNI50089-N

 気仙沼市港町で31日、地元の特産品などを売る「みなとでマルシェ。」が開かれた。青空の下、潮風に吹かれながら、大勢の観光客らが海の幸などを味わっていた。

 震災でにぎわいが失われた港周辺を盛り上げようと、地元の女性でつくる「気仙沼つばき会」が初めて開催。早朝に水揚げされたカキや地元で愛される「気仙沼ホルモン」、手芸品などを販売する約20の屋台が並び、威勢の良い声が飛び交った。

新聞轉載至:

http://www.yomiuri.co.jp/

觀看更多


20150528-OYTNI50109-N

 列車に揺られながら地酒はいかが――。JR東日本は27、28日、本県の地酒を楽しめるリゾート列車「とちぎShu*Kura」を東北線で走らせた。昨年デビューした列車で、新潟県外での運転は初めて。

 車内で、霧降高原牛と白滝のしぐれ煮やヤシオマス西京焼き、モロのフライといったご当地メニューと地酒2種を提供。イベントスペースの車両では、利き酒カウンターを設置し、蔵元による無料試飲会を開いた。

 

新聞轉載至:

http://www.yomiuri.co.jp/

觀看更多


20150526-OYTNI50034-N

 御殿場市東田中の秩父宮記念公園でシャクヤクが開花し、公園内を彩っている。

 シャクヤクはボタン科の多年草で、同公園内に数十本植えられている。シャクヤクの花は直径10センチほどの大きさで、赤やピンク、白など色とりどり。周囲には甘い香りが漂い、来場者は写真を撮るなどして楽しんでいた。

新聞轉載至:

http://www.yomiuri.co.jp/

觀看更多


 帯広市の八千代公共育成牧場で25日、市内の酪農家から預かった乳牛約1100頭の放牧が始まった。10月下旬まで広大な牧場でのんびり過ごす。

 牧場は帯広市農業振興公社が市の委託を受け、管理運営している。酪農家の作業や金銭的な負担を軽減するため、生まれて6か月以上のメス牛を1年を通じて預かり、牧草が育つ5~10月は日高山脈のすそ野に広がる約520ヘクタールの放牧地で育てる。

新聞轉載至:

http://www.yomiuri.co.jp/

觀看更多


 ◇古座川 最小ハッチョウトンボ羽化

 古座川町直見の大谷湿田で、体長約2センチと国内最小のトンボ「ハッチョウトンボ」(町天然記念物)=写真=の羽化が始まった。同町教委によると、6月中旬にピークを迎え、8月末まで観察できるという。

 ハッチョウトンボは、東南アジアを中心に広く分布し、国内でも本州南部や四国、九州に生息。雄は鮮やかな赤色、雌は黄色と黒のしま模様がある。

新聞轉載至:

http://www.yomiuri.co.jp/

觀看更多


 東京スカイツリー(墨田区押上)は22日に開業から3周年を迎える。ツリーを中心とした複合施設「東京スカイツリータウン」では、同日から24日にかけて記念イベントが多数予定されている。

 22日は「笑顔の“橋”渡し」という意味を込め、ツリータウン4階のスカイアリーナで、ツリーのシルエットがデザインされた記念の箸が午前10時半から先着1000人にプレゼントされる。

同アリーナでは同日から24日まで、ツリー点灯のタイミングに合わせ、開業3周年を祝う乾杯イベントを実施。22日は元スキー女子モーグル日本代表の上村愛子さん、23日はフィギュアスケーターの浅田舞さん、24日はバルセロナ五輪柔道金メダリストの古賀稔彦さんがゲストで登場。来場者と一緒にビールなどで乾杯して盛り上げる。

 23、24日にはラジオの公開収録やお笑いライブ、ツリー公式キャラクター「ソラカラちゃん」などによるステージショーも予定されている。

新聞轉載至:

http://www.yomiuri.co.jp/

觀看更多


20150519-OYTNI50098-N

 即席麺「ペヤング」を製造する「まるか食品」(伊勢崎市)は19日、虫の混入問題を受けて昨年12月から中止していた「ペヤングソースやきそば」の製造を再開したと発表した。6月8日以降、関東地区から順次販売する。

 同社の発表によると、製造は、異物の混入を調べるセンサーカメラなどの機器を設置した本社工場の1ラインで再開、他の製造ラインも機器設置後に稼働させる。品質管理スタッフなども増員し、対策を進めたという。製造販売を中止している全24商品のうち、当面は「ペヤングソースやきそば」のみを製造する。

新聞轉載至:

http://www.yomiuri.co.jp/

觀看更多


20150518-OYTNI50018-N

 東海地方在住の県出身者でつくる「東海熊本県人会」の総会と懇親会が17日、会員ら約190人が参加して、名古屋市中区の中日パレスで開かれた。

 鬼木徹也会長が「県人会の総会は来年で20回目を迎える。今年はその準備を兼ねて、充実した年にしたい」とあいさつ。来賓の村田信一副知事が「昨年、関連商品の売り上げが643億円を記録した『くまモン』のほか、県産品を世界に紹介していくなど、熊本県は元気いっぱいだ」と述べた。

新聞轉載至:

http://www.yomiuri.co.jp/

觀看更多


 小山市などを流れる思川で17日、関東地方のトップを切ってアユ釣りが解禁され、待ちかねた県内外の太公望たちが、一斉に釣り糸を垂らした。

 地元の下都賀漁協によると、4~5月に放流した稚アユは昨年と同じ約18万匹。稚アユは例年並みの13~16センチほどに育ち、釣り人らは、おとりのアユを使う「友釣り」などを楽しんでいた。

新聞轉載至:

http://www.yomiuri.co.jp/

觀看更多


姓名 hello.contactus
Email
出生日期(dd/mm/yyyy)
聯絡電話
內容
日語教育程度